Ritsumeikan univ. BOXING CLUB
立命館大学体育会ボクシング部

練習紹介

1.ロープ


ロープ 各自1~3Rロープを飛びます。ステップの練習や体をほぐすために行います。普通の縄跳びとは違い片足ずつリズムを意識して飛びます。

2.シャドーボクシング


シャドー 各自1~3Rシャドーを行います。鏡を見てフォームを確認する人、リング上でステップの練習をする人など様々です。

3.鉄アレイ


鉄アレイ 7~11種類のパンチ、コンビネーションを1kgの鉄アレイを持ちながらシャドーします。時間にすると約2R~3Rです。集中してやればかなりキツイです。

4.スパーリング


スパーリング 近い階級同士でスパーを行います。日によって変わりますが一人6R程度行います。リングに上がる人以外はサンドバック打ちやシャドーを行っています。

5.ミット打ち


ミット打ち 二人でペアを組み一人2R程度ミット打ちを行います。

6.バックラッシュ


バックラッシュ 2つのグループに分かれ、3R、30秒交代でサンドバックを打ちます。試合でのラスト30秒を意識して手を休めずラッシュします。

7.シャドー、クールダウン


シャドー 最後にクールダウンを兼ねてシャドーを行い、全体練習は終わりです。この全体練習後にも自習錬として筋トレやサンドバックなどをやっている人も多いです。

8.筋トレ


筋トレ 筋トレは自由ですが、腹筋は鍛えておかないと試合中ボディーで悶絶します。なのでみんなやっているようです。メニューとして腕立て、腹筋、首、背筋などが多いです。

Copyright(C) Ritsumeikan univ Boxing Team allright reserved
inserted by FC2 system